企画調査のご案内

​企画調査のご案内

報告書タイトル  空中ディスプレイ 2022
発刊日       2022年7月(予定)
本体価格     25,000円(税込価格 27,500円)
 光の反射を利用し、空中に3次元映像を表示させる技術であり、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)等を用いず肉眼で見ることができるのが空中ディスプレイである。センサーを組み合わせることにより非接触の空中タッチインターフェースとして利用でき今後需要が高まるものと考えられる。
​ 本書では実用化に向けて開発の進む「空中ディスプレイ」の仕組みや特徴を最新の動向を交えながらできる限りわかりやすく解説することにした。将来空中ディスプレイを業務あるいは提供サービスに採用をご検討される際の参考となりましたら幸いです。
​報告書概要

第1章 空中ディスプレイとは 

 1.空中ディスプレイのしくみ 空中結像技術をわかりやすく

 2.構成部材と役割 空中に表示させるために必要な部材の構成

 3.特徴 メリット・デメリット 何ができる?

第2章 空中ディスプレイの現状

 1・現状及び市場規模(2021年度) 現時点でどれほど普及しているのか? 

 2・事例一覧 実証実験中を含む現時点での実例を紹介

 3.

第3章 現時点での評価及び課題点・問題点

 1.評価 研究者・メーカーはどう視ている? 

 2.課題点 

 3.問題点 

 

第4章 今後想定される市場・用途と潜在ニーズ

 1.有望市場と用途 顕在市場での想定用途 

 2.発掘市場と用途 ニーズを掘り起こすことで市場を形成する可能性がある用途

 3・産業分類別導入意向調査内容一覧

 

第5章 研究開発の動向

 1.大学 様々な用途への応用を視野に

 2.部材メーカー 価格・サイズ・精度・耐久性

 3.機器(システム)メーカー 部材とセンサーから新たな空中ディスプレイを

第6章 市場機会と普及シナリオ

 1.市場構築プロセス 普及要因を時系列で 

 2.市場規模予測(2022年~2030年) 

 

参考 ・調査対象先一覧

    ・導入に際しての各メーカー問い合わせ先一覧

※内容は変更することがあります。
​※詳細はお電話またはメールでお問合せください。